チョークアート。

日本ではまだあまり馴染みのない言葉かもしれませんね。

1990年にオーストラリアで誕生した、まだ新しい分野の芸術・チョークアート。芸術界にこの
チョークアートという分野を確立させた第一人者、オーストラリア人女性モニーク・キャノン。
彼女の活躍で、本場オーストラリアでは、カフェやレストランなどのメニューボードを中心に、
様々な場所で見かける存在です。

黒く塗り上げた板に、制作の大半で使用するのはオイルパステルとアーティストの指だけ!

重ねたオイルパステルを指でやさしくなじませ、濃淡をつけていきます。馴染ませた色からは
新しい色を生み、奥行きを持った立体感を作り出します。一つ一つの色合いは、全てアーティ
ストの指先から生まれる、その時にしか出せない色!たった一度の出会いを紡ぎながら、指先
からは絵に温かみも加わりブラックボードも気づけば、ただの板から「黒い空間」へと変身。

黒い空間とスポットライトを浴びたかのような色鮮やかな絵は、お互いの魅力を最大限に
生かして...

どんな場所でも、通り過ぎる人々が思わず足を止めてしまうような、そんな不思議な魅力が
いっぱい詰まった 目を引くアートです!

chalkart
copyright(c)2009- BerLeigh工房 All Rights Reserved.
当サイト掲載の画像・デザイン・文章等一切の無断転載・複製等は固く禁じます。